ホーム > e英会話 体験談 > > e英会話 – 「e-room」を使ってのカランメソッド (Callan Method) レッスン体験談

e英会話 – 「e-room」を使ってのカランメソッド (Callan Method) レッスン体験談

英語を通常の 4 分の 1 の時間で英語を習得することができるというカランレッスンを、

今回は 「e-room」(バーチャル教室) で受けてみました!

「e-room」(バーチャル教室) とは

「e-room」(バーチャル教室) とは、ブラウザを使った e 英会話の独自のソフトウェアで、

ウエブカメラを使って会話ができるのはもちろんのこと、

講師と生徒がテキストや画像などを一緒に見ながらレッスンをすることができます。

こんな感じです ↓

e英会話 e-room

(今日は自分はウエブカメラを使おうと思っていなかったので、すっぴんメガネです(苦笑))

カランメソッドのレッスンだけではなく、普段のレッスンも Skype と e-room

どちらでも好きなほうでレッスンを受けることができます。

カランレッスンを得意としているソル (sol) 先生

今回の講師はカランメソッド (Callan Method) のレッスンを得意としているソル (sol) 先生でした!

発音がとてもキレイで癖がなく、とっても話しやすい先生です。

カランレッスンの流れはこんな感じです。

  1. 画像を見ながら、table. chair. light, … のように先生の後について発音します。
  2. What, this, it, … のように先生の後について発音します。
  3. 先生が What’s this? What’s this? It’s a ? と早口で聞いてくるので、It’s a table. のように指されたものをすばやく回答します。
  4. 次に Is this a table? Is this a table? と早口で聞いてくるので、 Yes, it’s a table. のようにすばやく回答します。
  5. 次は Is this a table? Is this a table? と早口で違うものを指して聞いてくるので、 No, it isn’t a table, but it’s a chair. のようにすばやく回答します。

こんな感じで繰り返しながら、少しずつ難しいセンテンスになっていきます。

質問を早口でどんどん浴びせられ、即答しなければならないので、

日本語で考える暇はなく、気づけば英語でスラスラ回答できるようになる、という仕組みです。

ウエブカメラがあると楽しい!

カランメソッドのレッスンには画像が絶対必要なので、講師はウエブカメラを使います。

生徒側はウエブカメラを使う必要はないのですが、

お互いの顔が見えると、盛り上がってレッスンの楽しさが倍増です!

あっという間に時間が経っちゃいました。

☆ お知らせ ☆

e 英会話の体験レッスンは通常 3 回で 980 円ですが、

今だけカランメソッドのレッスンが無料で体験できるそうです。

普通の英会話レッスンとは全然違って、なかなか面白いので、よかったら試してみてくださいね!

詳しくはこちら ⇒ e 英会話のカランメソッドレッスン


ホーム > e英会話 体験談 > > e英会話 – 「e-room」を使ってのカランメソッド (Callan Method) レッスン体験談

© 2009 オンライン英会話スクール超入門