1. 自然な英語の決まり文句をそのまま真似る

私は実は学生の頃は、英語が大嫌いでした。

私はどちらかというと、答えがハッキリする数学や科学が好きです。英語はいくら勉強しても、できるようになったのか、できないのかすらよく分からないので、勉強していて面白くないと思ってました。

ところが、初めてアメリカに来てみて、実際に英語でコミュニケーションをとっている人を見て、とても驚き、感動しました。

「ほんとうに、英語で会話してる!」

こう思った瞬間に、英語の勉強にもそれなりの意味があるんだ、ということが実感できたのです。

それから、勉強を始めたのですが、全然頭に入りません。

やっぱり、面白くないのです。

文法の穴埋め問題を毎日解いたり、英単語や熟語を覚えたりしましたが、英語が話せるようになった気が全然しませんでした。

英語が話せるようになろうとおもい、Nova でアルバイトも始めてみました。

でも、先生と簡単な会話をするのも大変です。

「どうしたら、英語が話せるようになるんだろう・・・」

私はすっかり、自信をなくしていました。

でも、初めてアメリカに来たときの感動が忘れられず、26 歳のとき思い切って、アメリカに短期留学をすることにしました。

その時に、私は英語の勉強方法をいろんな人に聞いて回りました。

そこで、見つけた方法があります。

英会話を上達させるのに有効な方法の 1 つ目は、 決まり文句をそのまま覚えて真似をすることです。

こんな状況ではこんなフレーズ、というのはだいたい決まっています。ですから、それをそのまま覚えると良いのです。

この方法は、私がアメリカに来てから友達に教わった方法です。

「 いつまでたっても会話が苦手で困っている。何か良い勉強法は無いかな。。。」 と相談したときにアメリカに移住してきた、いわゆる 1.5 世のお友達が声をそろえて教えてくれた方法です。

はじめ聞いたときは、みんなが同じ方法で英語を習得していたので、驚きました。

今ではネイティブのような英語を話すお友達ですが、物心がついてからアメリカに移住してきた彼らは、英語が話せず最初はとても苦労したようです。

そんな彼らは、アメリカ人の友達の言うことを、そのままくり返し、真似をすることによって少しずつ英会話を身につけていったらしいです。

私もこの方法で勉強してみたら、毎日最低一個は、「覚えたフレーズを、実践で使えたぞ!」 という喜びがありました。

勉強したことが、確かに使えた!、という実感をもって勉強することが出来ました。

海外ドラマを利用する

とはいえ、真似をしたくても、普段周りに英語を話す友達がいない人のほうが多いでしょう。それに、そもそも何を言っているのか聞き取れなくて、真似をしたくてもできない人も多いのではないでしょうか。

私もはじめは何を真似てよいかもわからず、とても苦労しました。

そこで、使えるのが 「海外ドラマ」 です。

海外ドラマに出てくるフレーズをそのまま覚えて真似をすることによって、実際にネイティブが使っている、自然なフレーズを身につけることができます。

この方法も、実は私が考えたものではなく、英語のネイティブの友達から教えてもらいました。

おすすめの海外ドラマは『 フレンズ 』

英会話を上達させるのに、1.5 世のお友達や英会話スクールの先生がすすめてくれた海外ドラマは、『 フレンズ 』 です。

彼らいわく、他の海外ドラマと比べて、フレンズの一番良いところは 普通であること なのだそうです。

フレンズで 6 人が話している会話は 実際にこれくらいの年代のアメリカ人が普通にしている会話 です。

他の人気海外ドラマも面白いかもしれないけれど、日常生活で一番使える英語が学べるのはやっぱり 『 フレンズ 』 だそうです。

私もそれ以来、フレンズを何度もくり返しも観て、フレーズをそのまま覚えようと一生懸命勉強してきました。

アメリカに暮らして 9 年目になりますが、『フレンズ』 で覚えたフレーズはいつでも使えて、とても役に立っています。