2. 覚えた英語の決まり文句を実際に使う

使える決まり文句をそのまま覚えたら、次に大事なことはそれを覚えただけにせず、英会話で実際に使ってみることです。

言われてみればあたりまえのことなのですが、案外実践できている人は少ないのではないでしょうか。

インプットの勉強だけして、アウトプットの学習をしていないと、「一生懸命勉強していろんなフレーズを覚えたのに、実際ネイティブの人を前にしたら緊張して何も話せない」 なんてことになりかねません。

こればっかりはネイティブの人と話すことに慣れるしかないと思います。

英語で話す機会をたくさん作ることによって、少しずつ慣れていき、覚えた決まり文句を実際使いこなせるようになって、はじめて英会話が上達するのです。

短時間でも英語で話す機会をたくさん作ろう

英語で話す機会をたくさん作るにあたってコツがあります。

意外と思うかもしれませんが、「英語で長時間話す機会を 1 回もつ」 ことよりも、「短時間であっても英語で話す機会 をたくさん作る」 ほうが断然効果的なのです。

理由は2つ。

まず、緊張になれるためには場数をふむことが必要だからです。

どんなことでも最初は緊張してドキドキしてしまいますが、何度も何度も繰り返していると、だんだん緊張せずに本来の力を発揮できるようになりますよね。

英会話も同じです。緊張しなくなって始めて自分の実力を出すことができます。

もうひとつは、モチベーションをキープすることができるからです。

経験上、英語を話す機会を持った後には 「もっと頑張らなくては!」 というやる気が出ます。

だいたい、言いたいことが上手に言えなくて、もどかしい思いをしてしまうので(笑)。

緊張に慣れて、英会話を勉強するモチベーションをキープするためにも、英語で話す機会を長時間 1 回持つよりも、短時間でも英語で話す機会をたくさん作ったほうがよいのです。

オンライン英会話スクールを利用しよう

とはいえ、留学でもしていない限り、英語で話す機会をたくさん作るのは難しいことだと思います。

そんな中で私が良いと思うのは、オンライン英会話スクールを利用することです。

なぜオンライン英会話スクールかというと、日本に住んでいながら、お手軽に英語で話す機会をたくさん作るのに最適の方法だからです。

【 関連記事 】

この記事を読んだ人はこんなページも読んでいます。