ぐんぐん英会話と RareJob (レアジョブ)の違い・比較

どちらもフィリピン系のオンライン英会話スクールで、

授業料が他のスクールと比べて非常に安く、似たようなシステムのぐんぐん英会話とRareJob (レアジョブ)。

いったいどのように違うのでしょうか?

ぐんぐん英会話と RareJob (レアジョブ)とは

RareJob (レアジョブ)は 2007 年 10 年に設立され、講師が 700人以上もいる、

フィリピン系オンライン英会話スクールの最大手です。

ぐんぐん英会話は 2009 年 6 月に設立された

新しいフィリピン系オンライン英会話スクールで、現在急成長中です。

後発のぐんぐん英会話は RareJob (レアジョブ)を意識しているためか、

RareJob (レアジョブ)似た制度+α で頑張っています。

ぐんぐん英会話と RareJob (レアジョブ)の共通点

ぐんぐん英会話と RareJob (レアジョブ)の共通点は以下の通りです。

  • 入会金なし
  • 月謝制
  • プライベートレッスン
  • レッスン時間 25 分
  • 講師はフィリピン人
  • キャンセルはレッスン開始の 1 時間前まで可能
  • 予約可能なレッスン数の上限は毎日 50 分プランで 2 コマまで

ぐんぐん英会話と RareJob (レアジョブ)の違い

ぐんぐん英会話と RareJob (レアジョブ) の違いを表にしてみました。

  ぐんぐん英会話 RareJob (レアジョブ)
講師人数 約 60 人 700人以上
開講時間 毎日 10 時~ 25 時 平日 20:00~25:00
土日 9:00~12:00 & 20:00~25:00
月謝 毎日 50 分プラン 6000 円 毎日 25 分プラン 5000 円
毎日 50 分プラン 8000 円
週末毎日 25 分プラン 3000 円 (金・土・日)
週末毎日 50 分プラン 5000 円 (金・土・日)
レッスン単価 100 円 167 円~
予約制度 レッスン開始の 30 分前まで予約可能 レッスン開始の 5 分前まで予約可能
講師の発信場所 ぐんぐん英会話のセンター 自宅やネットカフェなど

私の思う、ぐんぐん英会話と RareJob (レアジョブ)の良いところ・悪いところ

レアジョブの講師は 700人以上もいますが、あたりはずれが激しいです。

良い先生を探すのに時間がかかるかもしれません。

ぐんぐん英会話は講師数が少なくて、選択の余地があまりありません。

講師歴が全くない新人先生もいるので、こちらもあたりはずれがあります。

これはレアジョブ、ぐんぐん英会話、両方に対して言えることですが、予約可能なレッスン数の上限は

毎日 50 分プランで 2 コマまでなので、毎回人気のある講師を予約しようとすると

毎日レッスンが取れなくなってしまう場合があります。

開講時間、講師の発信場所などはぐんぐん英会話のほうが良いかな、と思います。

ぐんぐん英会話のウエブサイトにはWebカメラを講師全員が使用すると書いてありますが、

実際はそういうわけでもないようです。

開講時間がライフスタイルに合う人にはレッスン開始の 5 分前まで予約可能なレアジョブは、

思い立った時にレッスンが受けやすく良いと思います。

あと、ぐんぐん英会話は毎日 50 分プラン 6000 円 の 1 コースしかないので、

週末だけ英会話レッスンをとりたい人はレアジョブが良いかもしれませんね!

【 関連記事 】

この記事を読んだ人はこんなページも読んでいます。