ホーム > RareJob (レアジョブ)紹介 > RareJob (レアジョブ)の英語レベル分け

RareJob (レアジョブ)の英語レベル分け

RareJob (レアジョブ)では受講者の英語レベルを初級者・中級者・上級者と、大きく 3 つに分けています。

どうやってレベルを決定するの?

RareJob (レアジョブ)にはレベル判定テストがありません。

では、どうやってレベルを決定するのでしょうか?

レアジョブに確認したところ、正解は 「レッスン中に講師に聞く」 だそうです。

RareJob (レアジョブ)のレベル分けは教材選びの目安

レッスン中に自分のレベルを講師に聞いてみてください。

そうすると講師が、生徒の英語レベルを考慮して、教材レベルをおすすめしてくれます。

RareJob (レアジョブ) は基本的に教材をどこからでも自由に選べます。

ですので英語レベルは、あくまでも生徒の希望の教材がない場合に、

教材選びの基準とする程度のものと考えていいようです。

おまけ

英語レベルとは関係ありませんが、RareJob (レアジョブ)のカスタマーサポートはすごくいいです。

いつも質問をすると、的確で丁寧な答えがすぐに返ってきます。

好感が持てます~。

※ 情報は更新されている可能性がありますので、詳細はこちらのホームページで確認してください。
こちら → RareJob(レアジョブ)

ホーム > RareJob (レアジョブ)紹介 > RareJob (レアジョブ)の英語レベル分け

© 2009 オンライン英会話スクール超入門